プチ整形で今っぽい顔へ

タオル

メスを使わずに流行りの顔を作れる

銀座と言えば大人の街として知られていますが、実は美容整形外科クリニックを受診するために、10代・20代と若い世代の方が訪れている街でもあります。美容整形外科クリニックでは様々な美容整形が行われていますが、銀座のクリニックを訪れる若い世代に人気なのが「プチ整形」です。プチ整形とは一般的に「メスを使わない美容整形」のことで、美容整形初心者でも施術を受けやすいという魅力があります。また、プチ整形で今っぽい顔を作れるということもあり、10代・20代といった若い世代の方が美容整形外科クリニックへ、足を運んでいるようです。例えば埋没法と涙袋形成というプチ整形を合わせて行うことで、今っぽい顔をメスを顔に入れることなく作れます。埋没法は瞼の皮膚を糸で固定して二重まぶたを作るプチ整形で、今流行の自然な二重のラインを作れるのが特徴です。涙袋形成はヒアルロン酸を目の下に注入して、ふっくらとした涙袋を作るというプチ整形となっています。自然な二重まぶたと涙袋をプチ整形で作ることによって、顔全体の雰囲気が今っぽくなれるとして人気を集めています。

銀座の美容整形外科クリにニックで行われているプチ整形は、埋没法やヒアルロン酸注射による隆鼻術、ボトックス注射での小顔整形など多岐にわたります。費用が高額なイメージのある銀座の美容整形外科クリニックでも、プチ整形であれば10万円ほどで施術を受けられるようです。また、プチ整形は時間が経過すると元の状態へと戻ってしまう施術が多いというのも、若い世代の方に選ばれている理由の1つとなっています。せっかく施術を受けたのに元の状態に戻ってしまうと聞くと、デメリットのように聞こえてしまうかもしれません。この「元に戻る」というプチ整形のデメリットこそが、若い方が美容整形を受ける場合にはメリットに変わるのです。若い方が美容整形を受ける場合、今流行している顔立ちを希望するケースが多い傾向にあります。美容整形で今っぽい顔を作ることはできますが、流行の顔というのは時代・時代で変わってきます。今は流行の顔立ちでも10年・20年経ったら古臭い顔立ちというケースもあるのですが、プチ整形であれば元の状態に戻るのでその時に流行している顔を作れるというのが魅力です。

Copyright© 2019 どんなふうにクリニックを選べばいいか知ろう All Rights Reserved.