目尻切開の特徴

カウンセリング

目の印象を変えられる眉宇養成系

目の横幅が狭い・つり目で厳しい印象を与えてしまうなど、自分の目に不満を感じている人も多いではないでしょうか。このような目のコンプレックスを感じている人は、銀座の美容整形外科クリニックで「目尻切開」という美容整形を、受けてみてはいかがでしょう。目尻切開とはまぶたの外側をメスで切開し縫合するという美容整形で、施術を受けるとまぶたに隠れていた外側の白目の部分が露出して、目の横幅が広がるという効果を発揮します。目の横の幅が広くなることで目は大きくなりますし、縫合の際に目尻をデザインすればつり目を優しい雰囲気の垂れ目気味にすることも可能です。つり目を垂れ目にできるだけでなく、まぶたをやや上方向に広げるように施術を行うことで、垂れ目をスッキリとした印象の目元へとデザインできます。さらに、目の横幅がこめかみ部分へ向かって広がすことによって、相対的に顔が小さく見えるようになるのも目頭切開の特徴です。目のコンプレックスを解消できるだけでなく、小顔に見える効果もあるので目尻切開は顔の印象を大きく変えられます。銀座にある美容整形外科クリニックであれば、必ず施術を行っているポピュラーな美容整形なのでチャレンジしやすいでしょう。

目尻切開は人気の高い美容整形の1つで銀座の美容整形外科クリニックでも、多くの患者さんが施術を受けています。メスを使う美容整形ではあるものの切開する大きさは、わずか数ミリ程度なのでチャレンジしやすい美容整形かもしれません。ただ、今までメスを使う美容整形を受けたことが無いという場合、どのような流れで施術を行うのか不安に感じる人もいるでしょう。もし、銀座の美容整形外科クリニックで目尻切開を行った場合、どのような流れで施術が行われるのか確認してみました。目尻切開は切開する範囲はとても小さい美容整形ですが、ほんの数ミリでも目元の印象が大きく変わってしまうので、カウンセリングをしっかり行います。カウンセリングでどのような目元になりたいのかなど、仕上がりのデザインを美容外科医としっかり話し合うことが大切です。手術当日はカウンセリングで決めたデザインにマーキングを行い、局所麻酔をして目尻を数ミリ程度切開します。切開した部分は糸で縫合しますが銀座の美容整形外科クリニックの場合、目立ちにくい特殊な糸で縫合するので傷跡はあまり目立ちません。抜糸のタイミングは各クリニックで異なりますが、術後約5日から1週間後に行うというのが一般的な流れです。

Copyright© 2019 どんなふうにクリニックを選べばいいか知ろう All Rights Reserved.