人気の二重形成術

整形

自分に合う施術法を選ぼう

数ある銀座の美容整形外科クリニックで、1番施術を希望する患者さんが多いと言われているのが目元の美容整形です。日本人は一重まぶたや奥二重と重いまぶたの人が多いということもあり、目元の美容整形でも特に二重形成術が人気となっています。二重形成術にはメスを使わない「埋没法」と、メスを使う「切開法」があり銀座の美容整形外科クリニックであれば、どちらの施術も行われています。二重形成術を得意としているドクターであれば、二重の幅も自由に変えられるので理想の目元を手に入れることが可能です。日本人の場合、目を閉じた時にまつ毛の生え際から二重のラインまで約6ミリから7ミリ、目を開けた時に二重の幅が1ミリから2ミリ程度が自然な二重と言われています。ナチュラルな仕上がりを得たいという場合は、この幅になるよう二重形成術を行ってもらうのがおすすめです。より華やかな印象の目元にしたい、今流行のギャル系の目元にしたいという場合は、より二重の幅を広げます。目を閉じた状態で8ミリ以上、目を開けた状態で3ミリから5ミリ程度の幅にすると、幅広の二重を作れます。

銀座の美容整形外科クリニックでも多くの患者さんが希望する二重形成術ですが、まぶたの状態によって施術法に向き不向きがあります。例えば、メスを使わないプチ整形として人気の埋没法ですが、まぶたの皮膚や脂肪が厚い人にはあまり向いていません。埋没法はまぶたを特殊な糸で固定して、目を開けたときに二重のラインが出るようにする美容整形です。まぶたの皮膚や脂肪が厚すぎるとまぶたを固定していた糸が緩みやすく、二重のラインが取れやすいと言われています。埋没法は銀座エリアにある美容整形外科クリニックであれば、必ず行っているとても一般的な美容整形ですが、このような側面もあることを知っておく必要はあるでしょう。まぶたが厚く埋没法が向かないという人も、切開法というメスを使う美容整形であればクッキリした二重を作れます。切開法はまぶたの皮膚をメスで切開して二重のラインを作る美容整形で、まぶたの皮膚や脂肪が厚くても二重のラインを作ることが可能です。切開法の場合、半永久的に二重のラインもキープできるので、長く効果を保ちたいという場合はこちらの施術を選ぶと良いでしょう。

Copyright© 2019 どんなふうにクリニックを選べばいいか知ろう All Rights Reserved.